国際シンポジウム「ユーラシアの叙事詩と言語」案内

第4回東方ユーラシア国際シンポジウム「ユーラシアの叙事詩と言語」

日 時:2014年5月29日(木)・30日(金)10:00~
場 所:千葉大学西千葉キャンパス(JR総武線「西千葉駅」徒歩3分)
    千葉大学付属図書館/アカデミックリンクセンター図書館I棟1階セミナー室(まなび)
主 催:千葉大学人文社会科学研究科地域研究センター
共 催:ユーラシア言語文化論講座、第29回モンゴル研究会

2014年5月29日(木)10:00~17:40
司 会:吉田睦(千葉大学文学部・教授)
 あいさつ 大塚成男(千葉大学人文社会科学研究科長・教授)
      中川裕(千葉大学人文社会科学研究科地域研究センター長・教授)

10:20~11:20 荻原眞子(千葉大学名誉教授)
「婚姻闘争と種の保存」(仮)
11:20~12:20 バヤルメンド(内モンゴル大学モンゴル学学院院長・教授)
「モンゴル語のアクセントについて」

昼食

13:30~14:30 遠藤志保(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「アイヌ英雄叙事詩における敵対者」(仮)
14:30~15:20 サジーワニー ディサーナーヤカ(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「多言語国家スリランカの言語使用状況
―シンハラ語話者とタミル語話者の家庭での会話におけるコードスイッチング―」

 休憩

15:40~16:40小林美紀(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「アイヌ語鵡川方言の有対動詞」
16:40~17:40小野智香子(千葉大学人文社会科学研究科地域センター特任研究員)
「イテリメン語の自他同形動詞と項構造」

懇親会

2014年5月30日(金)10:00~17:40
司会:児玉香菜子(千葉大学文学部准教授)

10:00~11:00 タヤ(内モンゴル大学モンゴル学学院教授)
「消滅に瀕するモンゴルの英雄叙事詩『ジャンガル』研究の意義」
11:00~12:00 藤井真湖(愛知淑徳大学交流文化学部准教授)
「英雄叙事詩における”数詞”―『ジャンガル』を事例として―」

 昼食

13:20~14:20 村山和之(和光大学非常勤講師)
「バローチ民族の戦詩にみる部族慣習法のかたち」
14:20~15:10 ヒシグ(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「アジアに伝承された説話の比較対照研究」
15:10~15:30 コメント 上村明(東京外国語大学非常勤講師)

休憩

15:45~16:45 エシーバ ムハンマド(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程)
「アラビア語の人称代名詞について―その待遇表現としての使用状況を中心に―」
16:45~17:25 新保裕慈(千葉大学人文社会科学研究科博士前期課程)
「モンゴル語に見られる前気音について」

あいさつ:バヤルメンド(内モンゴル大学モンゴル学学院院長・教授)
中川裕(千葉大学人文社会科学研究科地域研究センター長・教授)

夕食会